積木

防犯カメラを設置するならSDカードも忘れずに

  1. ホーム
  2. 被害に遭う前に

被害に遭う前に

防犯カメラ

確実な証拠となります

防犯カメラを取り付けることは空き巣被害予防だけでなく、いたずらやストーカー予防にもなります。もし被害にあったとしても、防犯カメラで録画しておくことで通報したときの証拠となります。しかし防犯カメラを取り付けるときには注意しなければならないことがあります。それは防犯カメラの録画の鮮明度です。録画した映像が証拠になるといっても、姿形がはっきりしなければ人物を特定できず証拠とならない場合があるからです。ですから防犯カメラを取り付けることにより、犯罪を引き起こす抑止力として使用する場合には問題ありません。しかし、実際被害に遭っているとか確実に証拠として残したい場合には、カメラの録画機能が充実しているのもをおすすめします。

目的に応じて

防犯カメラにはさまざまな種類があり、値段も高価なものもありますが手頃なものもあります。設置も個人でできるので通販や量販店などで購入し、各自で取り付けを行っている人も多いようです。使用する目的に応じて使い分けをするのもおすすめです。例えば、自宅周辺だけでは心配な方は室内にも取り付けておくと安心です。またしっかり撮影したいところには高画質録画が可能な防犯カメラを取り付け、予防のために取り付けるのなら安いものでも構いません。防犯カメラがあれば「見られている、監視されている。」という犯罪の抑止力にはつながるので、玄関先につけておくだけで犯罪率は格段に下がるのは間違いありません。セキュリティは自分で万全体制を整えましょう。