積木

防犯カメラを設置するならSDカードも忘れずに

  1. ホーム
  2. 自宅を空き巣から守る

自宅を空き巣から守る

家

自宅を守るために

空き巣、放火、車へのいたずら、外壁への落書きなど、犯罪被害には遇いたくないものです。これらの被害にあわないためには、どうすればいいのでしょう。人が通ると点灯するセンサー付きライトを設置したり、歩くと大きな音がする砂利を敷き詰めるなど、いろいろな対策があると思いますが、家庭用防犯カメラを設置して、犯罪を抑止するのも一つの効果的な対策です。犯罪を犯そうとする人たちも、証拠が残ってしまうことが一番嫌でしょうから、被害に遭わないようにする抑止効果がおおいに期待できますし、もし、被害に遭っても証拠を残せるので、犯人の逮捕に貢献できるでしょう。しかし、カメラを設置する場合、どんなことに気をつければいいのでしょう。

設置にあたっての注意

家庭用防犯カメラをつける時に気をつけたいのは、カメラをつける向きです。家庭用防犯カメラに映る映像によっては、個人情報の不適正な取得にあたる場合があります。自宅の敷地内を、家庭用防犯カメラで撮影する場合はいいのですが、角度によっては、隣の敷地内が映ってしまったり、家の前を通る人たちの映してほしくない映像が映ってしまったりすることがあるからです。家庭用防犯カメラを設置する場合は、近隣の他人の住宅内部が映らないように角度を調整したり、防犯カメラを設置していることを周囲に知らせるためのステッカーなどを張る、などの対策をして、周囲への周知を図る必要があります。つける場所としては、玄関周り、勝手口回り、駐車スペース効果が高いと思われます。